いのち愛しむ、人生キッチン ・・・ 桧山 タミ 著

先月叔母に会った時 本をプレゼントされました。

b0198109_16490574.jpg

九州地方で活躍する92才の現役料理家 桧山 タミ 先生の著書です。

4章から構成された内容で

1章 大らかなれ  心とからだの養生
2章 賢くあれ   自然とからだを結ぶ旬材、学び方と選び方
3章 健やかなれ  五感に心地よい、基本の道具と調味料
4章 やさしくあれ 子供・家族、命を思いやる家庭料理


もちろんレシピも載っていますが
「迷いや悩みがある時もこの本を開いてください。」
とカバーにかいてあります。

水を大切に使う事
手に勝る道具なしと言う言葉
食は人を良くすると言う事
包丁を握ったら心穏やかに、食べる人の幸せを願って調理する事
等々がやさしい言葉で書かれてあります。


普通のレシピ本とはちょっと違いますが
読んだ後 こんな私ですが心がちょっとやさしくなれそうな気がします。



[PR]
Commented by miqu_7cd at 2018-10-12 07:00
この本、私も持っていて時々引っ張り出しては、読んでいます。
読んでいると、台所仕事を丁重にしようと重い腰がすくっと動くような
心地よい気持ちにさせられます。

なかなか同じようには出来ませんが、時々の刺激剤になっていますよ。

本をプレゼントして下さる叔母様って素敵ですね!
Commented by harumimi1121 at 2018-10-12 13:13
☆ MIZUKIさん
同じ本を持っているんですね。
自分では絶対にスルーしてしまうような本なので。

『水』の大切さについても書かれていましたが
日々の生活に反省する事しきりです。

慌ただしくなると気持ちのささくれが気になるのですが
見て見ぬふりをして (笑)

いろいろ教えてくれる叔母に感謝です。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by harumimi1121 | 2018-10-11 21:39 | 映画・本・絵手紙 | Comments(2)

身の回りの何げない毎日


by harumimi1121
プロフィールを見る
画像一覧