人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

白菜のポタージュ

先日従妹とランチをした時
「福島のセミドライもも」と「やいづ善八のやきつのべだし」
をもらっちゃいました。
b0198109_13260649.jpg

「セミドライもも」はお初の味でとても美味しかったです。


お出汁はカツオだけなのでとてもさっぱりした味で
OOの舎だしを使い慣れてる方にしたら
ちょっと物足りないかもしれません。

そこに一緒に添えられていた一冊のレシピ本の中に
白菜のポタージュが載っていたので早速作ってみました。

白菜  200G
牛乳 50CC
だし汁  150CC



b0198109_12232614.jpg


白菜をザクザクと切ってオリーブオイルと塩少々を入れ蒸し煮にする


b0198109_12233597.jpg
柔らかくなった白菜に牛乳、だし汁を入れミキサーにかける
(私は牛乳の替わりに豆乳を入れました)


b0198109_12235693.jpg



牛乳の替わりに豆乳を投入したので(笑)
出来上がりの色がちょっとくすんじゃいました。
これからの季節ビシソワーズにして頂いても良さそうです。


by harumimi1121 | 2019-07-16 07:16 | グルメ・レシピ | Comments(1)

カフェ福座

一昨日の雨の中、恵庭のカフェ福座に行って来ました。

ここは以前2回ほどトライしたのですがなかなか辿り着けず断念した所です。
一度目は道に迷い断念!
二度目はオットがナビに住所を入力したと思っていたのにしておらず
オットはオットで私が住所を把握してると思い
お互い相手のせいにして険悪な状態で帰宅しました。

そして今回は三度目の正直
友人の運転で無事辿り着けました。
オットもきっと空の上で笑ってる事でしょう。

b0198109_23314234.jpg
カフェの入り口にはお花が咲き

b0198109_23312745.jpg



b0198109_23313565.jpg
ナツツバキの白い花やジュンベリーの木には赤い実がなりとってもステキなお庭です。


b0198109_23320121.jpg


b0198109_23315251.jpg

その日は寒かったので二人ともシーフードグラタンとパンのセットメニューにしましたが
ボリュームもありとても美味しかったです。

b0198109_23320890.jpg

雑貨も置いていて一目ぼれしたカゴバックを買っちゃいました。

b0198109_23332702.jpg

(もう物は増やさない!って思っていたのに・・・。)




by harumimi1121 | 2019-07-14 06:00 | グルメ・レシピ | Comments(2)

小樽・・・ノスタルジーに浸って

先日小樽の叔母のお見舞いに行った帰り久しぶりに徒歩で小樽駅まで行き
JRに乗って札幌まで帰って来ました。

叔父たちの家(祖父母の家)から急な坂道を下り

b0198109_21163603.jpg

公園の端にある懐かしい坂牛邸を横に見て
(ここは昭2年に建てられた洋風の住宅でたしか弁護士さんだったと思います。
幼心に素敵な家だな。と思った記憶があります)

b0198109_21165409.jpg


b0198109_21171076.jpg


小樽公園(明治に開園)を横切って行きます。
(春は桜やツツジがきれいでした)


b0198109_21173229.jpg

b0198109_21172228.jpg

公園を下るとミルクプラントがありソフトクリームを食べる観光客でにぎわっておりました。
(むかしは保証牛乳の経営で牛乳、フルーツ牛乳、コーヒー牛乳などの
乳飲料などを飲むのが楽しみでした)

b0198109_21174937.jpg


小樽市役所の裏手にあるひょうたん池には可愛らしい小便小僧が


b0198109_21175908.jpg
その前を歩いてると右手には昭和39年に出来た
妙見市場の建物がこの川の先に建っています。
(以前に比べ建物自体も縮小された様子です。昔はたくさんの市民が買い物に訪れていました)
b0198109_21182037.jpg
富岡町のバス通りに出ると明治時代に建てられた遠藤又兵衛さんの邸宅
(現在は立正佼成会の建物になっていて
北海道では珍しい白壁と瓦屋根が目を引き
1960年代に改修工事が行われています)

b0198109_21183320.jpg

冨岡町の跨線橋を超えると
もうすぐJR小樽駅です。


実は小さかった頃乗り物酔いがとてもひどく
祖父母の家までバス(10分ほど)には乗れず
このルートを歩いて行くしかなかったので
何とこの道を歩いたのは50年近く前の事になり
歩きながら小さな頃両親に連れられて
姉や妹と一緒に歩いた懐かしい思い出に浸って来ました。




by harumimi1121 | 2019-07-12 21:38 | その他 | Comments(4)

お見舞い 2件

7月3日に義姉の病気の事を書かせていただき
あたたかなコメントを頂きました。

色々考えるよりも自然体でお見舞いに行く事にし
先週の土曜日に行ってまいりました。

何か楽しい話しでひと時でも元気になればと思ったのですが
義姉の方が一枚上手でした。
残念!

11時少し前ににおじゃましたのですが
ちょうど歯医者から帰ってきたところで
義姉曰く 
「抗がん剤の治療をしてるうちに歯がだめになって
前歯が欠けてしまいお葬式の時に皆に笑われると恥ずかしいから
治療に通ってるの。」

もうこんな時に笑ったらいけないのですが
優先順位がちょっと違っているでしょ!
と突っこみを入れたくなりました。
疲れないようにと思い早々に御いとまいたしました。

そして2件目は午後から小樽の叔母のお見舞いです。
在宅で療養中なのですが電話をすると
「食欲もないし
体がこわくて、こわくて。」
(怖いではなく北海道弁で体がだるい、疲れるなどの意味)

心配しながら行って見るとベットに横になっていました。
「疲れるから横になってて」と言うと
「今まで寝ていたから起きても大丈夫!」
電話の声とは打って変わって元気な声です。

その後 話すわ、話すわ・・・・。
立て板に水の例えがありますが
それどころか まるで流れ落ちる滝のようです。
耳が遠いので相づちを打つこちらも叫ぶような大きな声で。

こちらは滞在時間2時間どっと疲れたお見舞いでした。







by harumimi1121 | 2019-07-10 22:06 | その他 | Comments(2)

八紘学園花菖蒲園



快晴の札幌です。
いよいよ八紘学園の花菖蒲園がオープンいたしました!
夕涼みがてら先程行って来ましたが

車は駐車料金として400円かかりますが
入場料は何と無料です!


b0198109_18100793.jpg
牛舎の前を通り坂道を下って行くと
なだらかな斜面に花菖蒲が広がっています。

b0198109_18010527.jpg




b0198109_18005521.jpg



b0198109_18002635.jpg

初めは少しだけだったラベンダーも年々立派になってちょっぴり嬉しい私。

b0198109_18012200.jpg



b0198109_18013365.jpg
ヘメロカリスも咲いて




b0198109_18022381.jpg
道のわきではギボウシの花が咲いています。


b0198109_18021340.jpg


b0198109_18014952.jpg


b0198109_18020088.jpg

駐車場の近くの池は残念ながら今年はスイレンの花は見当たりませんでした。

替わりにこんな園芸種の花も楽しめます。
b0198109_18024963.jpg
お時間のある方も無い方も来て見て下さいね。

by harumimi1121 | 2019-07-08 18:14 | 季節のうつろい | Comments(2)

アリストロキアギガンティア

先月の事ですが友人と豊平公園に行って来ました。

友人が食虫植物のウツボカズラを買っている間に
ちょっとその辺をキョロキョロしてると
とっても不思議な花を見つけちゃいました。

ブラジル産のツル性の植物だそうで
名前が「アリストロキアギガンティア」
まるで何かの呪文のようで舌をかみそう
加齢により滑舌が悪くなってきてるのでなおさらです。(笑)

花は大人の両手を開いたくらいの大きさでそれがぶら下がってるようすは
不思議と言うよりも本音を言うと「ちょっと気持ちが悪いな~。」


b0198109_21100893.jpg
b0198109_21101771.jpg
色も暗い紫色でちょっと不気味な感じが漂っていました。


by harumimi1121 | 2019-07-07 20:33 | その他 | Comments(0)

アクセサリー作り

札幌もぱっとしない天気が続いていますが
明日からは暑くなるそうでちょっと期待しています。

図書館に申し込んでいる本の順番がなかなか巡ってこないので
またまたアクセサリー作りに励んでいます。

********************


まずいろいろなパーツ(金具やストーンなど)を買い込んで
接着剤などで付けて行くのですが
何せ小さなパーツばかりなのでピンセットでつまみ
その先に瞬間接着剤をつけるのですが
ちょっと多く出し過ぎるとピンセットと金具がくっついちゃったり
ピンセットでストーンをつまみあげると滑って
コロコロ転がって行ったりと四苦八苦です。

挙句の果てに金具の穴が見えず眼鏡をかけ
拡大鏡を手にし息を止め一点に集中!



b0198109_07590887.jpg



やっとできたイヤリング

洋服の色に合わせとっかえひっかえ楽しんでいます。


b0198109_07591770.jpg


 耳が二つしかないのにたくさん作ってどうするのかって
 心配ご無用です。
 これが結構無くしちゃうんですよね。(笑)




by harumimi1121 | 2019-07-05 19:43 | その他 | Comments(2)

頭の中が真っ白に

今日は重い話なので苦手な方はスルーしてくださいね。

昨日主人の兄嫁さんから電話があり
お話しを聞いていて頭の中が真っ白になりました。

二か月ほど前の事
「時々お腹が痛むので検査の予約をした。」と言っていました。
私も気になりつつも主人の事で色々と忙しく電話も出来ずにいたのですが
昨日電話がかかって来て
「検査の結果大腸は何でもなかったが
ついでに受けた検査で他のところにガンが見つかり
転移もしており余命宣告を受けた。」
と淡々と話してるのを聞いてもう驚き
何と言葉を掛けたらいいのか、
私には慰めの言葉も見つかりませんでした。

「後には息子だけが一人残るので力になってほしい。」
(義姉の兄弟は本州在住なので)
そんな電話の内容でした。

自分の悲しみや辛さよりも後に残される息子の心配をする
義姉の強い姿に何とも深く大きな愛情を感じました。

間違いであってくれたらと願うばかりです。


by harumimi1121 | 2019-07-03 18:04 | その他 | Comments(4)

食の日韓論   八田靖史 著

ここ数日風がとても強くベランダのゼラニウムや紫陽花は
今にも花びらが飛ばされそうです。

********************

2、3年前新聞の書評に載っていた本で図書館の検索システムで探してみたら
予約人数がゼロだったのでこれはすぐに読める!
と思い早速申し込み借りて来ました。

b0198109_14484527.jpg

5月のある日病院の帰り道電車通りを歩いていると
小さなお店に長蛇の列が・・・。
いったい何なんだろう?と思いながら通りすがりにしっかり見ると
皆、ホットドックのような物を手にし写真を撮っています。
よく見ると
「カンコクからやって来たチーズハットク」って書いています。
ホットドック(アメリカンドック)の中に
伸びるチーズが入っています。

スーパーへ行くとキムチがたくわんと一緒に並び
もうすっかり市民権を得ています。

さてこの本ですが5章からなっていて

第1章  「 日韓のスーパーに見る交流事情 」
     日本でも韓国の食材を容易に買う事が出来
     また韓国でも日本のお菓子、調味料などが並んでいる。

第2章  「韓国の生産現場で成長するつながり」
     ここではパプリカを取り上げ輸出を目的として
     成長してる様子を取り上げている。

第3章  「韓国で郷土料理化した日本食は歴史遺産か?」
     ソバ、ウドン、オデンなどはそのまま韓国でも通じ
     実際に食堂で売られている程日本食の名残が残っている。

第4章  「和食の最先端に国境はなかった」
     韓国の「とんかつ」を例に挙げ進化と知恵について書いてあり
     空前の日本食ブームで日本の外食チェーン店が韓国に
     たくさん進出してる。

第5章  「冷麺には未来があった」
     冷麺は奥が深く本場の冷麺は「北」と言い
     そこも含めての食文化を説いている。

********************

日本では食卓にキムチが並び若い子たちは
チーズハットクを手にしながら食べ歩き。

一方韓国では日本の2~3倍の大きさのトンカツを食べ
そして屋台では熱々のオデンをほおばり
この本を読んで食のボーダレス化が進んでいると実感致しました。






by harumimi1121 | 2019-07-01 15:31 | 映画・本・絵手紙 | Comments(0)

身の回りの何げない毎日


by harumimi1121
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る